PROFILE

 

J.O.P -Introducing yourself- 代表
大久保潤也 / Junya Okubo
1992年10月29日生まれ。徳島県出身。

 
郵便受けに入っていた販促物をきっかけに海外へ強い関心を抱き、大学在学中に単身でアメリカへ旅立つ。

自分の経験上、まだ未開の土地や未知なるものに関しての好奇心が旺盛で、人とは違うことを好み、世界一周を計画中。

これまでに訪れた場所はメンフィス・ナッシュビル・ニューオーリンズ・バンコク・セブ・マニラなど。

とにかく面白いことを見つけると、すぐに行動に移すタイプであるがゆえ、音楽事務所にてアーティストのマネージャーを経て、Webサイト制作・ライター・カメラマン・紹介ツール制作・シェアハウス運営・国際事業Product Managerなど業種は多岐にわたる。
 
 
 

December. 2017
アーティストマネージャー 退職

無休薄給の生活を送りながらも、音楽が好きだったため、どんなに嫌なことがあってもこれが社会だと決めつけて働き続けた。

しかし全国ツアー中に高速道路で逆走車に遭遇し、一命をとりとめたことで、自分自身の生き方を見つめ直す。

本当にいつ死ぬのかわからない、と思ったことをきっかけに自分が本当にしたかった世界一周、親孝行をするべく退職。お金と時間に対する価値を見つめ直す。
 
 
 

Jaunuary. 2018
海外渡航を目指し英語習得へ

海外に行くためにはまずはお金と英語だと思い、外国人のお客様が多くを占めるビジネスホテルにて夜勤の仕事を始める。英語での接客を経て、基礎的な英語を身につける。
 
 
 

February. 2018
仕事に対する意識を考える

働くこととは何か、お金を稼ぐとは何か、を考え始める。
固定給がいかに稼げないか、そして従属するということがいかに稼げないか。労働して時給・月給で稼ぐことがいかに効率が悪いか。 ビジネスの仕組み、そして金融史からお金の仕組みを勉強し始める。
 
 
 

April. 2018
J.O.P -Introducing yourself- 起業

昔から得意であったPCが仕事になることを理解し、自分の得意をお金に換えていく方法を身につける。ライター、カメラマン、Webサイト制作はこの頃から始め、これが初めての不労所得となる。
 
 
 

September. 2018
気がつけば肩書きは無数に

自分が面白いと思うことには首をつっこみ、そして好奇心をもって行動しているうちに肩書きはえらいことになっていた。

国際交流事業を手がけるため、出資企業を見つけ内部に国際事業部を設営しProduct Managerとして規模拡大をしたり、不動産・パーキングの管理を手がけ、さらには英語の勉強のためにゲストハウスへ潜入するなど、いよいよ身体一つでは限界があるように。